未分類

アマゾン物販やせどり転売で扱う商材を何にするか?

アマゾンせどり

せどりや卸売から仕入れた商品でアマゾンの物販を行おう!と決めたは良いものの、

取り扱う商材を何にしようか、と悩まれる方が多いと思います。

本日は、そんな方に向けてアドバイスが出来ればと思い、記事にします。

AMAZONで販売する商材の選び方

アマゾンでインターネットビジネスを行う際、

扱う商材を何にするか、という問題があります。

アマゾンを使うメリットは、FBA倉庫という、自動配送してくれる倉庫のサービスがありますので、

在庫を抱えるタイプの物販だと、主にそれを利用することになります。

FBA倉庫を利用した配送は、楽天市場やyahoo!ショッピングにも利用できますので、
FBA倉庫を利用して物販するのはオススメです。

最終的に全ての作業を外注化できると効率よく資本を稼ぐことができるので、
外注化の第一歩として、梱包・配送作業が外注化できるFBA倉庫を使うことは大切です。

商材選びの際の課題

在庫を抱える際、問題となることは・・・

薄利であること

・消費期限が設定されていること

・容積が大きいこと

です。それぞれ見ていきましょう。

薄利であること

これは、最悪の課題です。

金持ち向けのビジネスでもよく言われることですが、
薄利多売のビジネスモデルは、特に素人のうちは絶対にやめましょう。

短期的に見たら稼げているようになった気になるかもしれませんが、
ブルーワーカー的な労働をやめると途端に収益が止まってしまいます。

先ほど述べたFBA倉庫は、手間暇をカットしてくれ、在庫場所も提供してくれる代わりに、それ相応のコストがかかります。

薄利多売のビジネスモデルだと、このコストだけで痛手になってきます。

私が絶対にオススメしない転売モデルに、古本せどりがあります。

この業界では、

FBA倉庫だと利益率が下がってしまう・・・

こんな話をよく聞きますが、
そもそもFBAを利用して利益を出せないような利益率が低すぎる商品を取り扱うことが間違いなのです。

そういう意味で、古本など安い自己配送の送料で薄利を得るビジネスモデルは、どうしてもブルーワーカー的な作業が増えてしまうので、非常に効率が悪いです。

手間暇をかけてやっと薄利を得るのでは、せっかくビジネスを始めた意味がありません。

少ない時間で、多くの金を得てこそビジネスです。

そんなことは、全ての作業をマニュアル化し外注しているような超大手の業者のオーナーなら話は別です。

その場合、従業員には固定給(歩合の場合もありますが)しか支払う必要がないため、このような労働集約的なモデルでも、蟻達が働くと儲かります。

ですが、一人でやる場合はそうはいきません。

なので、ブルーワーカー的な作業は仕入れだけにしましょう。

他は無限に時間を使う暇のある暇人に任せて、あなたは自由に使える時間の増える、少しでも楽をできる商材を選びましょう。

消費期限があること

消費期限がある商品の場合、その期限を明記しなければならず、

その期限の数十日前にFBA倉庫から勝手に販売不可として返送or破棄されてしまう、

というデメリットがあります。

また、販売できる期間も、要管理期限商品として、都度確認しなければなりません。

具体的に言うと、食品やサプリメントなどの場合、消費期限があるというデメリットがあります。

ですが、食品はこのようなデメリットがあるものの回転率はかなりいい商材ですので、回転率を生かして大量に販売するという方法をメインに運用していくことも可能です。

弊社のコンサルを受けてくださっている方の中にも、
食品(お菓子系統)だけで一ヶ月600万円売り上げている方もおられます。

食品系は、季節物が高くなりがちで、有名店舗で売られているチョコレートなどの季節商品のような期間限定アイテムは儲かります。

必然利益率は低くなりますが、FBAでも20%くらいの利益率を確保できて販売することができ、なおかつ大量に捌けるので、ビジネスモデルとしては悪くありません。

興味のある方は、こちらでリスト配布しておりますので、是非どうぞ。

容積が大きいこと

FBA倉庫では、AMAZONは商品を無償で預かってくれるわけではありません。

顧客への配送料金以外に、保管手数料がかかります。

商品サイズの立方メートルで計算された日割りの在庫保管手数料が月単位で発生します。

(AMAZON公式サイトより引用)

さらに、以前は在庫一斉チェックの時に金額が加算されるシステムでしたが、2020年現在は、毎月チェックがあり、都度金額がかかるようになりました。

容積が大きい商品の場合、保管手数料の累積が商品代金を上回ることも十分にありえます。

商品の容積が大きい商品は、安い商品の場合、あまり仕入れない方が無難であると言えるでしょう。

逆に単価が高く、容積の小さい商品は、長期的に保存して売っていってもあまり負担になることはありません。

基本的に回転率の良い商品を狙って仕入れるべきですが、利益率の非常に高い安売りされていたロングテール品を扱う場合は、このようなことも考えて仕入れをすると良いでしょう。

具体的な商材

具体的な商材としては、フィギュアやDVD・CD・ゲームやタペストリーや抱き枕などは、腐ることもなく、利益率も高めな傾向があります。

特にCDなどの昔のヴィンテージ品は、容量も大きすぎず、高価でありながら一定の需要も期待できると、

非常にアマゾン物販向けの商材となっています。

ですが、デメリットとして、ゲーム周辺機器などは、弱いアカウントで売れすぎると真贋調査が発生しやすいと言うことが挙げられます。

真贋調査については、こちらの記事も参照してください。

アマゾンアカウントが閉鎖から復活するまで
2020年最新版 AMAZONアカウントが停止・閉鎖されてから復活までAMAZONアカウントが止まってしまった・・・ そんな時、あなたはどうしますか? 2020年現在、停止や、それから時間がたっ...

また、現在(2020/02)だと、数年前からCDはアマゾンにおいては新規出品者が出品することが出来ない状態であり、出品者がDVDやブルーレイなどに比べて少なく、出せるアカウントを持っている方にとっては非常にブルーオーシャンです。

また、アカウントを持っていない方に対しても、弊社のコンサルにおいて、販売することのできる裏技をお教えしています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

まとめると、

利益率が高い

比較的場所を取らない

高回転の商品

これらを意識して商品を扱うのが良いですね。

FBA倉庫だと利益率が下がってしまう・・・

これを考えて、商材を考える必要があります。

季節品などは、一過性のものなどで、前に仕込んで